活動記録

HOME > 活動記録 > 岐阜県関市田原小学校へ行ってきました!家庭教育学級にて

講演依頼 小学校や児童施設などで講演をしています

絵本の購入 ご購入はこちら

購入金は、株式会社アババイを通じて多くの方へと寄付されます。

自身の実話をもとに文を担当 ごとう まさゆき 後藤政幸について

バリアフリーレストランの オーナーが絵を担当 かとう ゆういち 加藤優一について

ごっちゃんのブログ

命のマガジン 「メッセンジャー」31号 に掲載されました!

一本足のごっちゃん公式フェイスブック

岐阜県関市田原小学校へ行ってきました!家庭教育学級にて

今日は、朝から岐阜県関市立田原小学校で、親さんに向けての講演をさせていただきました。

家庭教育学級の中での人権教育についてです。

今回は、学校の中での講話せすが、親さんに向けてのお話でしたので、体験談を交えて、今の状況までを
話していましたが、時計をみたら、(**)あちゃ〜ぜんぜん時間が・・・・足りまへんがな!!!

ばさっと、割愛させて頂き、10分ほど延長出来ませんかと、お願いをしてしまうという、ずうずうしいハプニングでした〜

でも皆さん快く受けてくださって、授業が終わるにも関わらず、絵本のDVDを見てくださり、共感を頂き心より感謝しております。

そして、何と、親さんの中に兵庫県の全国障害者スポーツ大会陸上代表の方がお見えになっていて、縁って不思議だなあって思いました。

で、一人の男性が着てくださって、お話を聞いているうちに技師装具士さんで、はたまた何と僕の専属の技師さんとお友達関係でした。

悪い事しても繋がってしまいますから、どうせ繋がるなら良い事で繋がることが、やっぱり良いかと(笑)

皆さんに、温かいお言葉を頂き本当にありがとうございました。

校長先生が、生徒さんに絵本を読み聴かせをすると言ってくださって、嬉しい事幸いです。

学校にDVDを贈らせていただきます。

家庭学級での親さん達の優しい和が、学校中の子ども達に届きますように

貴重な時間をありがとうございました。

心より感謝しております。

今後とも宜しくお願いします感謝