作者プロフィール

HOME > 作者プロフィール

講演依頼 小学校や児童施設などで講演をしています

絵本の購入 ご購入はこちら

購入金は、株式会社アババイを通じて多くの方へと寄付されます。

自身の実話をもとに文を担当 ごとう まさゆき 後藤政幸について

バリアフリーレストランの オーナーが絵を担当 かとう ゆういち 加藤優一について

ごっちゃんのブログ

命のマガジン 「メッセンジャー」31号 に掲載されました!

一本足のごっちゃん公式フェイスブック

作者プロフィール

自信の実話をもとに文を担当 後藤政幸 ごとう まさゆき

プロフィール

1960年10月4日生まれ
現在岐阜県揖斐郡池田町本郷に在住
(心のバリアフリーター)一本足のごっちゃんを愛称として、手作り絵本作家 微力ながら活動中
手作り絵本を手に、絵本に託したメッセージを世界に拡げようと動き始めています。

好きな言葉

・天命に行き天命に死す
・敬天愛人 (西郷隆盛)

1960年京都に生をうける。
カッコよく言えば幼少から『何のために生きているのか』を模索し、よくある不良、暴走族、チンピラと好き勝手な人生を送る。
そんな中、ひとりの女性と出会い幸せな結婚生活を送っていたある日、交通事故を起こし加害者となってしまう。被害者の方は悪いことに3ヶ月後に亡くなってしまったが、この方との出会い、更には加害者の自分に『ありがとう』と常識では考えられない言葉をかけてくれた被害者のご家族の皆様との出会いにより、人生が大きく変わる。

その後ガムシャラに仕事をしていた日々が続いたが、2002年1月、疲れからかまたもや交通事故にあい左大腿切断で片足になってしまう。
妻や子供たち、友人などに多くの励ましや心配をもらう日々が続いたが、自分の事を考えるのが精一杯の日々でもあり、今まで悪いことをしてきた報いだと自暴自棄に陥り苦悩の毎日を過ごす。

しかし時が経ち、それでも生かされているという自分に気づき『何のために生きているのか』を深く考えるようになる。また、五体満足で自分を傷つけてきた時よりも障がいを持ってからの方が遥かに出会いも多くなり、出会う人すべての人から『生(セイ)』を感じるようになった体験から、この『生(セイ)』を多くの人に伝えようと活動を始める。

まだ『何のために生きているのか』という人生のテーマの答えは出ていない。しかし、『生(セイ)』を世界中に伝えるため、活動を続けている。

講師経験

地元小中学校、南山大学、日本赤十字岐阜県支部高校生夏期講習会、サンビレッジ国際医療福祉専門学校、倫理法人会、異業種交流会、地域ミニFM、NHKラジオビタミン出演、講演活動等しています。子供たちからの感想文は、1500通を超えて今では自身の大切な糧となり、大切な宝物になっています。絵本 だいじょうぶ だいじょうぶ みんな 大好きだから 友達の力も借りて作り上げた作品です。

現在2008年9月11日から手作り絵本の販売をはじめて2年が経ち、人から人への手渡しで4000冊以上の人に伝わっています。

講師経験

2003年
障害者 全国スポーツ大会静岡大会出場
40才以上の部:競泳 50mフリー 銀メダル 25mフリー銀メダル
2005年
障がい者スイミングすくすく岐阜ボランティアコーチに就任
NPO法人 One Love Project設立
2006年
障害者 全国スポーツ大会兵庫大会出場
40才以上の部:競泳 50m フリー 金メダル25m バタフライ 金 メダル
全日本選手権年齢区別無し 50m フリー 3位。
2008年
9月 11日
手作り絵本『だいじょうぶ だいじょうぶ みんな 大好きだから』作成。
現在,絵本を世界中に広がる事を願い口コミと手渡しで活動中

バリアフリーレストランの オーナーが絵を担当 加藤優一 かとう ゆういち

プロフィール

1974年 岐阜に生まれる。
現在、岐阜県揖斐郡池田町にて、垣根のない誰もが入店できるバリアフリーにしたライブハウスレストランBlues cafe’(ブルースカフェ)のオーナー。

実妹が障がいを持ち、自分自身への将来にも不安を感じ悩み入る。だが、この現実を全て受け入れ、将来を覚悟したことにより本当の幸せに気付き始める。

謝恩 愛 慈悲
すべて あなたの心に あるもの
幸せになりますように。 感謝