活動記録

HOME > 活動記録 > 11月9日 岐阜県羽島郡岐南町 岐南町立東小学校に行ってきました!

講演依頼 小学校や児童施設などで講演をしています

絵本の購入 ご購入はこちら

購入金は、株式会社アババイを通じて多くの方へと寄付されます。

自身の実話をもとに文を担当 ごとう まさゆき 後藤政幸について

バリアフリーレストランの オーナーが絵を担当 かとう ゆういち 加藤優一について

ごっちゃんのブログ

命のマガジン 「メッセンジャー」31号 に掲載されました!

一本足のごっちゃん公式フェイスブック

11月9日 岐阜県羽島郡岐南町 岐南町立東小学校に行ってきました!

岐南町立東小学校に行ってきました。

ここの小学校はマンモスこうで、今回5年生6年生合わせて170の生徒さんに向けての
講和になりました〜!

(^^)いやあ〜楽しくお話が出来たと思います。

みんなとの質疑応答、笑いを含めての楽しい会話でした。

「みんな、ごっちゃんの義足姿見て、可哀相だと思う人、手を挙げて〜」

殆どの生徒が、手を挙げます・・・

「じゃあ、ごっちゃんは片足のスイマー 水泳で日本一になった事があります」

みんなが、ざわざわ・・・

「これ聞いて、可哀相だと思う人、手を挙げて〜」

誰も手を挙げません・・・

「あれ?」

「そう、見た目で判断しちゃうんだよね・・・勉強できない人って可哀相か?違うと思うよ・・・たまたま、足が無いだけで可哀相とは違うと
俺は思います」

「本当は、形じゃないと、たまたま足りないところがあったら皆で補えれば良いじゃん、互いに認め合うことが大切だと思います」

人への思いやりや、助け合う事、友達の大切さなどお話して、絵本のDVDを使って読み聴かせをさせてもらいました。

みんな、真剣に見て聞いてくれて嬉しい限りです。

そして、「理想かも知れんけど、ごっちゃんは絵本のように、なれば虐めはなくなると思う」

「みんな、ここで約束してくれる?絶対に虐めはしないって」

「全員が約束してくれました」

最後に、生徒さんからの合唱のプレゼントがあり、ありがとうございました。

この子達で何かを感じ、きっかけになる事を信じています。

そして、心豊かな日本を作り上げていく子供達に敬意を表します。

感謝



障がいがあっても、心友になってくれるって言ってくれています〜

実は、みんな心豊かで本当の優しさを持っていてくれています

感謝






最後に、お父さん、お母さんに合唱のプレゼント!

ありがとうございました!

みんなの元気で楽しい毎日であるよに信じています。

約束、忘れるなよ〜(^^)