活動記録

HOME > 活動記録 > 岐阜県揖斐郡大野町 大野南小学校でお話をさせてもらいました!

講演依頼 小学校や児童施設などで講演をしています

絵本の購入 ご購入はこちら

購入金は、株式会社アババイを通じて多くの方へと寄付されます。

自身の実話をもとに文を担当 ごとう まさゆき 後藤政幸について

バリアフリーレストランの オーナーが絵を担当 かとう ゆういち 加藤優一について

ごっちゃんのブログ

命のマガジン 「メッセンジャー」31号 に掲載されました!

一本足のごっちゃん公式フェイスブック

岐阜県揖斐郡大野町 大野南小学校でお話をさせてもらいました!

大野南小学校に行ってまいりました。

大野南小学校に向かう途中に、今回絵本を販売させてもらえるものか、優一・貴美子ちゃんのお店ブルースカフェに絵本を取りに行ってました。

絵本を積んで、学校に着いたらカバンが無い〜ひェ〜(><; 置き忘れた!連絡して持ってきてもらうにも、携帯忘れているし・・・

時間も迫っているけど取りに帰るしかないなか・・・(心の声は出発の時大丈夫か?って聞いてたのに確認せずに着てしまった)

絵本のDVDが入ってるから、どうしても必要!取りに戻ってギリギリの時間に間に合いましたホッ・・・


さてさて、いつものように質問攻めにあいながら、子ども達の心を和らげていきます。

意外にみんなシャイででして、恥ずかしながらも片足だと、何が不便なのか?とか聞いてくれました。

もちろん、今は不便では無いよって伝えています。

「足を無くしているのと、坊主頭で髪の毛が無いのは関係有るのですか?」

これには、笑えましたが、

「関係ないよ(笑)、髪の毛が伸びたら頭のてっぺんの髪が薄いから、それを判らなくするために坊主にしています」

なんて、質問までありました。

じゃあ、今度は、ごっちゃんからの質問

もし、みんな片足が無かったら、どうする?

「もう、歩けないから家にひきこもってゲームをする」

「外に出たくない」

「片足でも学校に来て勉強する」

でも、大半が、ひきこもってしまうという意見でした。

じゃあ、ごっちゃんが、今から小さくなっって小学校5年生になったとします。

家でひきこもっています みんなはどうする?

「家まで行って、ごっっちゃん ごっちゃんと叫ぶ」

「家まで行ってピンポンをならす」

「家まで行って大丈夫か〜って言う」

自分なら、大変だけど

友達なら、ひきこもらないように全員がフォローに回るって言ってkれているんですね!

すごく、大切な気持ちを持っててくれています。

心友 沢山作ってほしいです。





今回、学校内で絵本の販売をさせていただいた経緯は、未だに生活に困っている東北の方々の支援物資配達の送料につかわせていただきます。

父兄皆さん・PTAみなさんありがとうございました。

感謝